神降臨

8月某日

 

俺「いやー、この前のバニーガールめっっっちゃ可愛かったなー。可愛くてスタイルいいって反則だよなー。名刀正宗と妖刀村正の2刀流だよなー。性格はわからんからさ」

 

???「……聞こえますか…………???」

 

俺「な……なんだ!変な声が聞こえるぞ…」

 

???「聞こえているようですね……」

 

俺「なんや、人と話す時は目を見ろって習わなかったんかいな!はよ姿みせぇや!」

 

???「あなたの脳内に直接語りかけています。実態はありません」

 

俺「ふざけんじゃねー!お前は誰なんだ!」

 

 

???「私は神だ!」

 

 

俺「か…神だと??????ふざけんじゃねー!どうせワンチャンあってモンスターエンジンだろ!最近見ねぇけどな!」

 

神様「信用してないようだな。私はお前のことは何でも知っている。このブログの大半のアクセス源は飛田新地マカオの記事ってこともな。」

 

俺「なんだと……それを知ってるとはほんまもんの神様やんか!し、失礼しました!」

 

 神様「まぁよい。してお前は最近日々鍛錬し、己を磨いているようだな。」

 

俺「そ、そうです!今までの堕落した自分を戒めるため心身ともに鍛えております!」

 

神様「良い心掛けじゃ。だがしかし、お主が夜な夜な読み漁る書物だけでは己の壁を破ることはできん。」

 

俺「なんですと……じ、じゃあ俺は一体どうすればいいんですか?」

 

神様「狼狽えるではない。お主は既に秘奥義の書物を1つ手に入れているではないか。」

 

俺「え???俺が既に秘奥義の書を持ってる??」

 

神様「そうじゃ。近代麻雀の間に挟めているあれじゃ。」

 


f:id:shake213:20170809220508j:image

 

 

 

神様「だがそれだけではいかん。そこで私が力を授けてやるので東北に散らばる五輪書を集めるのじゃ!」

 

 俺「と、東北って宮城以外全部回るんですか??」

 

神様「そうじゃ。お主の相棒、サタデーサイレンスと共に東北を駆け回るのじゃ!」

 

 
f:id:shake213:20170809221219j:imageSOXで買ったよ!

 

神様「だが、私はお盆で忙しい。だから13日までに集めるのじゃ!」

 

俺「わかりました!頑張ります!(この神様って仏教とかなのかな???)」

 

神様「期待しているぞよ」

 

ホワンホワンホワン

 

 

 

俺「よっしゃ!東北を駆け巡るぜ!」

 

 

 

続く

広告を非表示にする