読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bun!Gee!JUMP!

ホテルでカジノ熱を冷まし、しばしチルった後
ホテル前のタクシーに乗り込む。

「MACAU TOWER 」

流暢な英語が炸裂し、マカオタワーへ無事着いた。
よくわからんが地下へ渡って手続きしてエレベーターに乗り込む。
一気に233メートルに到着
f:id:shake213:20160705231017j:plain

黄色いでっかいヤツがさっきまでいたカジノ
とりあえず簡単なレクチャーと俺の履いてたローファーを履き変えろってことでカンフーシューズみたいなのに変えさせられる。
サムライ!イチロー!ナルト!サスケェ!
海外ではこれが4強らしい。

そうしてせっせと作業を終え、外に出させる。
俺の前には中国人カップルがいた。
女の子の方から先に飛んでった。
意外と平然と飛んだのにびっくりした。
流石に次までの準備があるらしく、少し待つ。
中国人と俺。
気まずいので話しかけてみた。


俺「Your girl friend?」

中「YEAH!」

俺「Very cutie!!!」


友情が生まれた瞬間である。

そうして友達も飛んでいって俺だけになったと思ったら中国人4人来た。
男女2人ずつだったけど、おそらく別々の人たちだと思う。
ワイワイ盛り上がってた。
気まずい。

そうしているうちに俺の番になり、写真をバシャバシャ撮られ、腕にGoProを付けられる。
そして遂に1番端に追いやられる。
下を見るなと言われたが、んなもん無理だ。
ガッツリ見た。
ゾッとした。
風も強い。
で、びっくりするくらい急なタイミングでカウントダウンを始めやがった。
心の準備なんて出来ていなかった。
が、俺はこれがしたくてマカオまで来た。
飛んだ。


今その当時の心境を聞かれたら、答えられない。
急すぎてよくわからんかったが
飛んで1秒したらめっちゃ爽快感があった。
200キロ出てたらしい。
大谷翔平よりも俺は早い。
何回かリバウンドしたけど飛んじまえば恐怖なんて無い。

下に着き、来た時と同じルートで上まで戻る。
10分待てと言われたので荷物を取って改めて展望台を見学する。
さっきの中国人カップルがいた。

俺達は言葉を交わさず熱い握手をして別れた。
歴史を塗り替えた瞬間である。

そうして俺は1万でこのバンジージャンプの一部始終を収めたUSBを購入した。
航空券よりもホテル代よりもバンジージャンプ代が1番金かかった。

帰りもタクシーで帰ろうとしたが、見つからないので歩いて帰ってみることにした。
マカオは混沌だ。
マカオカオス。

めちゃくちゃ原付は多いし、川でカヌーみたいなの練習してるし、和太鼓は捨ててあるし、変なキャラクターはいるし。
f:id:shake213:20160705234226j:plain
f:id:shake213:20160705234310j:plain

汗だくになりながらホテルへ戻る。
またカジノへ繰り出し、4000ドル(6万弱)勝ち、1日が終わった。


広告を非表示にする